初心者向けギター解説(4)

ギター入門基礎知識

準備編 基本編 コード・ストローク テクニック トラブルチェック

ギターのテクニックについて

基本奏法

フィンガーピッキング

指で弾く奏法のことです。コードを分散させて弾くことをアルペジオと呼びます。

  • 基本フォーム

右手の親指を5弦に、人差し指を3弦に、中指を2弦に、薬指を1弦に添えます。掌に卵が入るイメージで構え、各指は弦に対して少し斜めにします。親指以外は関節を使いスムーズなピッキングを。第2関節を視点にすると良いでしょう。指の先と爪が同時に当たるくらいがベターです。

  • アル・アレイ奏法

普通に弦を弾く奏法のこと。弾いた後は他の弦に触れないように注意します。

  • アル・ヤンド奏法

弾いた指を隣の弦に押し付けて音を止める奏法です。重厚感ある音質で、メロディー弾きに使われます。人差し指、中指、薬指で弾きましょう。

特殊奏法

ギターには多用な演奏方法がある

  • ハンマリング・オン

音を弾いた後に、左指で弦を叩いて次の音を出す奏法です。音の繋がりを重視したいときに重宝します。

  • プリングオフ

音を弾いた後に左指で弦を引っ掻いて次の音を出す奏法です。

  • スライド

最初の音を弾いた後、次の音まで押さえた指を滑らせて音を響かせる奏法です。

  • ビブラート

音を震わせることを言います。指で押さえたポイントを左右に揺らして震わせます。

  • チョーキング

ピッキングした後、押さえている弦を押し下げて音程を変える奏法です。主にエレキギターで使用します。

  • ユニゾンチョーキング

二つの弦を同時にピッキングし、低いほうの弦をチョーキングさせて同じ音程にさせるテクニックです。

  • タンボーラ奏法

ギターで太鼓のような音を出す奏法です。親指でギターのブリッジ近辺の弦を叩いて出します。

  • ボトルネック奏法

ボトルネックという指にはめる道具を使用し、弦の上をスライドさせて演奏する奏法です。軽く押し付ける感じで。

ページの先頭へ