初心者向けギター解説(3)

ギター入門基礎知識

準備編 基本編 コード・ストローク テクニック トラブルチェック

コード・ストローク

コードについて

コードの基本

譜面や歌詞に載っている「C」や「Em」といったものがコードと言われるものです。アルファベットと記号の組み合わせで出来ていますが、アルファベットは「C・D・E・F・G・A・B」の7つだけです。これに#や♭が付くことがあります。

コードの種類

  • メジャーコード(代表例: C)

構成音はド、ミ、ソ。明るい響きのコードで3つの音が積み重なっています。

  • マイナーコード(代表例:Em)

構成音はミ、ソ、シ。暗い響きのコードで3つの音が積み重なっています。

  • セブンスコード(代表例:G7)

構成音はソ、シ、レ、ファ。少し寂しい響きのコードで4つの音が積み重なっています。その他にも、m7、maj7、sus4、dim、augなど変則的なコードがあります。

初心者がまず覚えるコード

C、G(メジャーコード) | Dm、Em(マイナーコード) | D7、G7(セブンスコード)

ギターストロークについて

1本の弦を弾くピッキングに対して、数本の弦を一度に弾くのがストロークです。

ギターストロークの種類

ダウンストローク(下に弾く)とアップストローク(上に弾く)があります。

ギターストロークのコツ

ストロークは肘を支点にします。手首は回転するような動きになり、スナップを効かせます。団扇で煽ぐようなイメージを持ちましょう。

ストロークテクニック

ストロークは肘を支点にします。手首は回転するような動きになり、スナップを効かせます。団扇で煽ぐようなイメージを持ちましょう。

  • ミュート

ピックを握る右手の側面を弦に当てることにより、弾いた伸びっぱなしの音を止めるテクニックです。ミュートが出来ると、次のステップを実感できます。

  • アクセント

連続する音に、リズムよく強弱をつけることにより、表現が増します。

  • シンコペーション

ギターを弾くときは、右手が常に上下上下に動きますが、その時に弦を弾くか弾かないかで実際に音を出すか出さないかを決定させます。つまり動いているけど弾いていない(空振る)ことで、リズムを操ります。

ページの先頭へ